こんにちは
井上です

発売中のニナーズはもう読んでいただけましたか?
私は、田村亮さんの連載で、つるの剛士さんとドランクドラゴンの鈴木拓さんのパパ座談会を担当しました。
image

つるのさんの良いパパぶりは、ひたすら感心するばかり。うちのパパに爪の垢を…と言いたいぐらいでした(笑)。
鈴木さんのエピソードも面白いものばかりで、ダメパパと言いながら実際はとても素敵なパパだなーと思いました。


プライベートでは、今年は1月に引っ越しをし、片付けやらなんやらでバタバタしているうちに、もうGW…。
いつもより時間が早く過ぎ去っている気がします。

引っ越しから3ヶ月たち、やっと新居も落ち着き、ここ最近は家に友達を呼んだり、近所の駒沢公園で遊んだり、ママ友たちとお出かけする時間もとれるようになりました。
ママ友の中に、いわゆる「ママ鉄」(子どもができたのをきっかけに鉄道マニアになったママのとこ)が何人かいて、そのママたちにいろんな電車スポットへ連れていってもらいました。

image

まず最初は、「ドクターイエロー」を見に東京駅へ。うちは帰省するときは飛行機なので、息子は間近で新幹線を見るのが初めて! まだ「ドクターイエロー」と言えないのですが、「ママ! きいろい でんしゃ!」を連発しながら大興奮!
緑の「はやぶさ」と赤い「こまち」の連結部分を見たり、ひっきりなしに行き来する新幹線を見たり、大いに楽しんだ様子でした。
お昼を食べた後は「KITTE」の展望デッキへ。ここは東京駅を上から眺められ、新幹線はもちろん、山手線などの在来線も見放題。これまた子どもたちが大喜びのお気に入りスポットです。

別の日には、王子駅そばにある「飛鳥山公園」へ。駅の改札を出てすぐのところから、小さなモノレールに乗って公園へ行くので、これも乗り物好きな男子にはたまりません!
image
園内には古いSLや、都電荒川線の古い車両などもありました。また展望デッキからは新幹線や電車が走っているのが良く見え、息子たちのテンションも上がっていました。

そして、先日は宮崎台駅にある「電車とバスの博物館」へ。東急系の電車やバスが展示されています。バスの中でお弁当を食べられるのも◎。息子は電車の模型展示が気に入ったらしく、電車の模型を追いかけてグルグルと走っていました。
image
ここには電車を運転している気分が味わえるシミュレーターもあるのですが、なぜか息子はビビってやろうとはせず…。残念ですが、もうちょっと大きくなったらまたチャレンジしてみます。
館内には息子と同じ2歳前後のちびっ子たちが目を輝かせて電車やバスを眺めていました。
男の子ってなんで乗り物が好きなんでしょうね?

おかげで、これまで車派だった息子も、電車に目覚めたらしく、「しんかんしぇん、しんかんしぇん!」と連呼し、ベッドで眠るときも新幹線のおもちゃを握りしめています。
もしかしたら「子鉄」になる日も近いかもしれません。

ちなみに、今回紹介した電車スポットはどれもお金をかけずに遊べるところです。新幹線は入場券で2時間も見られるし、「電車とバスの博物館」も入場料は100円です。公園はもちろん無料で遊べます。

数100円で子どもが楽しめるスポットはとてもありがたいですね。


それでは、みなさん、引き続き良いGWを!