こんにちは
ライターの井上です。
久しぶりの更新になってしまってすみませんm(_ _)m

ここ最近、有名人の妊娠&出産のニュースが多いですね。
妊娠中に取材させていただいた、hitomiさん、今宿麻美さん、北陽の虻川さん、安めぐみさんも無事に出産され、Blogなどで赤ちゃんの成長を眺めるのが密かな楽しみになっています。まるで親戚のおばちゃん状態

かくいう私も、4月2日に第二子となる次男を出産しました。

3歳3か月の長男が赤ちゃん返りしちゃうかなーと心配していたのですが、今のところ赤ちゃん返りは無く、ほっとしています。
k1
 
毎日、次男を抱っこしたり、オムツ替えを手伝おうとしたり、いろいろとお手伝いしてくれます。まだ3歳なので抱っこする手つきはかなり危なっかしく目が離せないのですが、お兄ちゃん風をビュンビュン吹かせている長男の姿がとても微笑ましいです。

1人目は大きな総合病院で自然分娩、
2人目は新設のクリニックで無痛分娩、
正反対の出産を選びました。

いやぁ、無痛分娩って、ほんとに楽ですね〜! 
陣痛が3分間隔、子宮口がMAXに開くまで、まったく痛みを感じることなく、友達とメールしたり、ご飯を食べたり、普通に過ごせました。その後、分娩台にあがり、ものの30分でツルンと出産!
もちろん出産時は激痛ですが、産後の回復も早かったので、無痛の良さを実感しました。

また、今回は食事の美味しさも病院選びのポイントに。
“病院の専属シェフが美味しいご飯を作ります”という謳い文句に偽りなく、入院中はとても美味しいご飯をいただけました。
長男のときは総合病院だったのでご飯は普通の病院食で、お祝い膳などもありませんでした。
今回は憧れのお祝い膳でステーキのコースが出てきて感動! 

まずはノンアルコールのスパークリングワインで乾杯し、おしゃれな前菜が登場。
病室でとっても贅沢なおひとりさまご飯(笑)
k2

メインの銘柄牛ステーキもペロリ!
k3
 

毎日3時にでるおやつも、まるでパティシエの作品のよう。
k4
 

ご飯も美味しく、病院の先生や助産師さんもとても信頼できる方たちだったので、本気で退院したくないと思っていました(笑)。
 

次回は産後2週間から滞在した産後ケアセンターについて書こうと思います。